外国人に読んでもらいたいクレジットカードの基礎知識。

クレジットカードは世界中で持っている人がたくさんいて、数多くの種類があります。どこの会社のクレジットカードを持てば良いか、分からなくなる程の数が出回っているわけですが、必ず決め手となることがそれぞれにあるはずです。ですが、普通の人にはその決め手となろ事柄が分かりづらいと思います。そんな時に頼りにしたいのが徹底解説してくれる経済の雑誌やサイトです。

有名なアメックスカードやエポスカード、楽天カードやDCカードなどの有名カードからマイナーなカード会社まで、それぞれの良さやおすすめポイントを紹介してくれているのでとっても参考になります。クレジットカードは持ちたいけれど、手続きや申し込みが面倒だという方がいます。

店頭で直接スタッフの人に教えてもらいながら、用紙に記入していく作業は面倒くさいものがあります。ですが、インターネットで手続きが出来る手軽さを知ってしまえば、もっとクレジットカードが身近に感じられることと思います。

クレジットカードを作るときのウラの裏ワザ

これからクレジットカードを作る方にオススメのウラの裏ワザがあります。その方法を利用してクレジットカードをを発行してもらえば、かなりお得にカードを持つことが出来るようになるので、ぜひ、初めてカードを作られる方はその方法でカードを作ってみましょう。

そのやり方は、ポイントサイトなどをを利用してカードを発行してもらうという方法です。

通常のカード会社に直接申し込みをして、カードを発行してもらう方法では、キャンペーなどがあったとしても粗品がもらえる程度のものが多いですが、ポイントサイトなどを利用して、カードを発行してもらうとそれだけで数千円程度のポイントをもらうことが出来ます。

また、そのようなポイントは後々現金に交換することが出来る所も多いため、これからクレジットカードを発行してもらう予定の方は、そんなサイトを利用して発行してもらった方がかなりお得になってきます。

特に複数枚カードを作ってもらう予定の方は、それだけで一万円以上ものポイントをもらうことが出来る場合もあります。ぜひ、みなさんもこのウラの裏ワザを利用して、少しでもお得にカードを発行してもらいましょう。

ちなみに、ポイントサイトやそこで取り扱っているカード業者等は、インターネット検索をすれば簡単に見つかってきます。

事業用品の調達や国内保険に関するメリットがあるカード

ライフカードなどは、しばしば事業用品などを調達する為に用いられます。いわゆる法人カードの1つなのですが、それによる割引システムなどのメリットはとても大きいです。

カードで事業用品を購入すると、カード会社の所定のポイントが蓄積されます。その蓄積量がかなり大きいので、カードを作る方々も非常に多く見られるのです。まして最近では、カードはインターネットと紐づいています。ネットを用いて簡単に返済などをする事ができますし、申し込み手続きもネットで完結する事もあります。ですので、多くの法人はそれはとても便利だと感じている訳です。

ちなみにカードによっては、保険と紐づいている事もあります。法人の場合はどこかに出張をするケースもあるのですが、その際にトラブルが発生する可能性もあります。しかし一部のカードでは、国内保険などのシステムも完備されているので、それだけ安全に移動できる事も多いです。

ですので事業を営んでいる方々などは、しばしばカードを作成している訳です。

還元率の高さが重視されている3つの局面

クレジットカードで還元率の高さが重視される局面は、主に3つあります。

まず1つ目ですが、ファミリーマートです。人によってはそのコンビニで頻度多く買い物をしているのですが、その際にカードで支払うと、かなりのポイントが付与されるケースがあります。ですのでファミリーマートのヘビーユーザーの方にとっては、カードの還元率の高さは軽視できません。

2つ目ですが、納税特産品です。その商品を購入する時にカード払いが活用される事もありますが、そもそも商品の購入代金は、比較的高めになる事も多いです。一度に多くのポイントが付与される事例も多いだけに、やはり還元率の高さは重要です。

そして3つ目は、日本代表です。人によっては日本代表のスポーツ選手を応援している事もありますが、その際に何らかのグッズを購入する場合があります。その時にカード払いを利用するとなると、やはり還元率は軽視できない訳です。

カードの還元率が重視されるのは、主に上記の3つの局面になります。

 

外国人がクレジットカードをもつ方法早わかり

今やグローバルな時代にあって、日本で日本以外の国籍を持つ人を見かけることも珍しくなくなりましたよね。ここでは外国人OKのクレジットカード、そしてそれを作りやすくする方法を早わかりできるように説明します。

カード会社は日本人に比べて外国籍の人にはカード発行の審査を慎重に行っています。その理由は、カードを使った後に、支払いをせずに自国に帰国してしまい、資金が回収できなくなってしまうというリスクがあるからです。

通常のカードはゴールドカードやプラチナカードよりも、一般カードに申し込んだ方が審査が通りやすいです。よって日本でカードを発行したことのない外国人の方は、審査のハードルを低くする意味でも、グレードの低い一般カードから始めて、長く使うことで長期的に自分自身の日本での信用を積み重ね、その上でゴールドカードやプラチナカードの取得を目指すやり方がおすすめです。

クレジットカードの審査で、最も重視されるのは日本での在住期間です。日本在住の期間が長いとそれだけ帰国のリスクも少ないとみなされ、カードの審査も有利になります。またショッピングモールやスーパーなどが発行するカードも審査がゆるく発行してもらいやすいでしょう。これで外国人がクレジットカードを持つ方法が早わかりできたでしょうか。カードで日本での生活を便利にできるといいですね。

外国人・留学生向けクレジットカードと審査
外国の方が “日本でクレジットカードを作れるの?” と心配されている声を聞いたことがあります。 永住権を取得していなくても日本に在住していてれば申し込みできるようです。

色々なクレジットカードの審査基準

特に必要性が少ない保険類や付帯サービスを少なくして、頻度の多い普段使いに特徴を加味した、主婦や若者に手軽なタイプのクレジットカードがあります。

さくらカード Typeselect JCB!

普段使いで、ポイントが増えていくのが大きな魅力の一つになっていますが、もうご存知でしたでしょうか。申込み本人が学生さんの場合はNGですが、18歳以上で、保護者、配偶者に安定継続収入があれば、OKという審査条件。これは破格です!クレジットカードの審査基準を紹介している定番サイトで確認してみてください。

入会金・年会費は無料!しかも年会費永年無料!たとえば、カードを持っているだけになったとしても、一切コストがかからないので、家計管理面でも心配がないわけです。入会してから3ヶ月間にショッピング合計が10万以上になるとキャッシュバックがあるという、嬉しい特典があります。

■増えるポイントとは

さくらカード Typeselect JCBは、先にも触れましたように普段使いで増えていくポイントが、主婦目線からもサラリーマン目線からも高感度の支持を得ています。
・携帯利用代金の支払いや、特定加盟店のコンビニ利用で、通常の2倍のポイントが加算。
・加盟店の多さを誇るJCBブランドを利用してのショッピングでも通常の2倍。
・JCBのオンラインモールを利用すると、更に3倍から20倍のポイントがついてきます。

JCBのオンラインモールについては、さくらカード Typeselect JCB公式サイトで、説明されています。オンラインショッピングで、威力を発揮するクレジットカードです。

■ポイントの利用先

貯まったポイントは、各種のポイントやマイルへも移行できるので、サラリーマンからも、利用価値に高い評価を得て注目されています。ポイントやマイルへの移行先の一覧はさくらカード Typeselect JCB公式サイトで確かめられます。クレジットカードも各社競争が激しいですが、そんな中でも審査さえ通るなら、さくらカードはかなりお勧めです。

 

即日発行のクレジットカードのメリット

クレジットカードは世界中で支払い方法のひとつとして非常に重宝されています。特にヨーロッパやアメリカではカードを持っていることがひとつの社会人としてのステータスとなっており、社会的な信用を得るためにカードを作成する傾向があります。また、街中でも至る所でカード払いを選択できるため、現金を持っていなくても気軽に買い物をすることができます。

そのため、日本人が海外に渡航する前にカードを作成しておくことは非常に役に立ちます。そのようなカードですが、日本国内でも次第にカード払いができる場所が増えてきています。最近では街中の小さな飲食店や雑貨店などでもカード払い可の店舗があります。審査なしクレジットカードを申し込む際には、即日発行が可能かどうか確認することが重要です。その理由として、審査の長引くカード会社は様々なサービスに問題があることが多く、審査時間が早いカード会社は優れたサービスを展開している傾向にあります。

即日発行クレジットカードのメリットとしては、何よりも時間や手間をかけずにカードが手元に届くということもありますが、カードが発行されたその日から買い物に利用できるとことが挙げられます。そのため、大手のカード会社を中心として、カード会員の利便性を考慮したスピード審査を行っており、即日発行は大手のカード会社であれば当たり前のものとなっています。今やカード払いは会計をスムーズに済ませることはもちろん、社会人の支払い方法としても非常に重要なものとされています。

 

ETCパーソナルカードの仕組み

ETCは、高速道路などを利用するさいに面倒な料金所での一時停止や清算を行うことなく、専用ゲートを通るだけで利用料金を決済してくれる便利なサービスです。ETCを利用するにはETC車載機器と、決済情報の入ったETCカードが必要です。ETCカードはクレジットカードに機能が付与されたものが多く発行されていますが、クレジットカードは審査を通らなければ作ることができません。また審査も時間がかかり、すぐに必要という時には不向きです。一方で、高速道路会社が発行しているクレジットカード機能なしのETCパーソナルカードというものがあります。このカードはデポジットを預けることにより利用できるもので、審査がないのですばやく発行してくれます。

ETCパーソナルカードによる通行料金の決済は、銀行口座の引き落としという形になります。このETCパーソナルカードで注意すべき点は、電子マネーではないのでリアルタイムで決済されないことです。利用料金は1ヵ月後に銀行口座から引き落とされますが、この1ヶ月間に利用できる利用料金は、預けたデポジットの金額によって制限されます。制限を超えると利用が停止されてしまいます。そのため、高速道路などを頻繁に利用する人にはかなり不便ですし、自由に高速道路を使えるデポジットの金額も6万円とたいへん高額なものとなってしまいます。また、解約するさいにデポジットの返金手続きをしなければいけないわずらわしさもあります。